toggle
横浜市で歯周病や歯肉炎の歯科医院をお探しなら
2018-10-12

歯周病の方が歯のなくなる場合の過程を伝えておきますね⁉

成人の約80%の方が歯周病であるにも関わらず

横浜南区長島歯科クリニックとして歯周病の患者さんを治療していて感じた事をありのままにお伝えします。

次へ

それは

自分が歯周病だという認識が少ないこと

自分の歯周病がどの段階(ステージ)なのかを知っていない・知らされていない。

方が大部分を占めます。

(一般的な歯周病の進行段階を患者さんに説明すると)

A)たまに歯を磨いた時に出血する・歯ぐきが腫れる

次へ

B)初期の歯周炎になると歯周ポケットが出来てきて、歯が長く見えてくる・歯が浮く感じもある。

次へ

C)中期の歯周炎になると食べ物が歯の間にはさまるようになる・口臭がする・歯ぐきがブヨブヨする

硬いものが食べにくくなる

次へ

D)末期の歯周炎では歯の根が歯ぐきからでて見えてくる・歯が著しく動く

次へ

E)歯が抜けてしまう

(患者さん声)えっ!やだー!じゃ私はすでにCのランクにピッタリですよ!

今まで定期検診に来るのを痛くないからサボってしまったけど、今度からちゃんと来ますと言ってくれました。

横浜南区長島歯科クリニックとして歯周病患者さんを治療して感じたことは

1)悲しい事に歯周病って生活習慣病である糖尿病・高血圧症・心臓病と同じで初めの頃は歯周病になっているとは思われないのですね。

2)生活習慣病と歯周病は同じで患者さん自身で気が付いた頃にはかなり進行しているケースが多いのが残念です。

当院の歯周病のサイトもご覧ください⇒

参考文献

地域住民における口腔の健康状態と生活習慣病の関連性の検討 ─久山町研究─

生活習慣病患者に対する歯科衛生士の歯周治療における役割について

関連記事