toggle
横浜市で歯周病や歯肉炎の歯科医院をお探しなら
2017-09-05

小児歯科

子供の治療

小児歯科は、乳歯の生え始めから、永久歯に生え替わるまでのお子様を対象としています。大人の歯と比べると、お子様の歯はとても柔らかいので虫歯になりやすいのが特徴です。そのため、虫歯の早期発見と予防がとても大切です。当院では、虫歯の予防、歯磨き指導、定期検診等に力を入れております。

また、歯医者に恐怖心があり嫌がるお子様は少なくありません。
長島歯科クリニックでは、「痛くない、削らない、抜かない治療」を行い、お子様が怖がらず歯の治療を受けることができるように、治療の際には出来るだけ子供の目線でやさしく話しかけ、不安を取り除くように心がけております。

緊急処置が必要な場合を除き、無理に治療を行いません。お子様のペースに合わせて治療を行いますので、ご安心ください。また保護者の方は、お子さまが上手にできたらどんな小さなことでもしっかり褒めてあげてくださいね。

ダラダラ食べないで時間を決めて、食べましょう!

いつもお口の中に食べ物が入っている状態は虫歯菌の思うつツボです。虫歯にならないためにも食事と食事の間にお口の中を休める必要があるのです。

食事と食事の間にお口の中を休める

食べたり飲んだりすると、お口の中が酸性に傾いて歯が溶け始めます。虫歯菌にとってこの酸性の環境は住み心地がいいのです。

それでも虫歯になるとは限らないのは、「唾液」が酸を洗い流し、中和して溶け出した歯の表面を元に戻してくれているからです。

規則正しい生活をすると

食事のたびにお口の環境が虫歯菌危険ゾーンに下がりますが、唾液により健康ゾーンに戻ります。リズムある食生活をしていると、お口の中が健康ゾーンでいる時間が長くなり、虫歯の危険は低くなります。

食事回数が多く砂糖をたくさん取ると

せっかくお口の中が健康ゾーンに戻りかけたのに、危険ゾーンに逆戻り。特に寝ているときは唾液がほとんど出ないので、寝る前のおやつは虫歯の危険度がとても高いのです。

また、チョコレートやキャラメル、スナック菓子、炭酸飲料など糖分の高いものや歯につきやすいものを食べる事は虫歯になりやすいです。食事やおやつを食べた後は必ず歯磨きをする習慣をつけてあげましょう。

お子様にも効果的なレーザー治療 ~レーザー+フッ素で強い歯を~

当院では歯を削らない虫歯治療、歯を抜かない歯周病治療を目指してハイエンドクラスのレーザーを導入しています。薬に頼ることが少なくなるため、小さなお子さんにも安心、安全な治療法です。

またレーザーを当ててから、フッ素を塗ると、歯の中にフッ素が大量に取り込まれ、酸に強い、溶けにくい歯が育成されます。

レーザー+フッ素の虫歯予防最善策⇒

レーザー

このように、レーザーにより歯の表面を照射し、フッ素を塗ることで酸に溶けにくい歯をつくることができます。レーザーとフッ素で強化した歯は通常の歯よりも約10倍虫歯に対して強くなります。しかし全く虫歯にならないわけではありません。毎日のブラッシング、歯のケアが大切なことに変わりはありません。

お口の中は食事をしたり、砂糖の入った飲み物を飲んだりすると酸性が強くなり、歯の表面のエナメル質が溶け始めます。

Nd:YAGパルスレーザーでエナメル質を照射しフッ素を塗ると、通常より10倍ほど酸に溶けにくくなります。また虫歯になりかけの部分はこの方法で元通りのきれいな歯に戻すことができます。

さらに詳しく知りたい方はレーザー治療のページをご覧ください⇒

関連記事