toggle
長島歯科クリニック | インプラント・歯周病・レーザー治療等 | 京浜急行・横浜市営地下鉄 弘明寺駅
2017-09-05

インプラント

インプラント治療とはインプラント(人工歯根)を埋め込み、人工の歯をその上に取り付ける治療法です。従来は取り外しの入れ歯かブリッジでしか対応できなかったものが、インプラントを使用することにより取り外しの必要がなく、入れ歯装着時の違和感や煩わしさもありません。

また、ブリッジのように隣接する自分の歯を削る必要もありません。見た目も天然の歯と変わらず、噛む力も向上します。審美的にも機能的にも新たな自分の歯として快適に使用することが可能です。インプラントは顎の骨に力を加えるため、顎の骨がやせるのを防ぐ事もできます。きちんとした手入れを継続的にしていれば、治療効果が半永久的に持続するのが最大のメリットです。

インプラント症例

インプラント症例

写真で見るインプラント症例集⇒

インプラント治療例

インプラント治療は歯を失った箇所によって、様々な治療方法があります。ブリッジや入れ歯にはないメリットも多く、患者さんのお口の状態によって治療方法も異なります。 従来までは治療を施すのに歯を削らなければならなかったり、装着後に違和感があったりと歯を失った場合の治療は不満の残るものでした。インプラントは患者さんの「第3の歯」としてもとにあった天然歯に近い働きをします

歯を一本失った場合

失った歯が一本の場合、ブリッジの場合は健康な歯を削って治療しますが、インプラントの場合は健全な歯を傷つけることなく治療をおこなうことができます。

歯を数本失った場合

従来までは、局部的な入れ歯を用いて治療を行っていましたが、インプラントを何本か用いて治療を行います。入れ歯を固定するための金属のバネによる違和感はもちろんないため、見た目も機能も非常にすぐれています。

歯を全て失った場合

従来までは総入れ歯を使用しなければなりませんでしたが、インプラントの技術が発達したおかげで、入れ歯のような煩わしさ、不便さから解法されます。

歯を1本失ってしまった場合の症例

歯を1本失ってしまった場合の症例

従来ですと、両隣の健康な歯を削ってブリッジで補うという方法がとられていましたが、こちらの患者さんの場合、欠損した部分にインプラントを埋入したことでより天然歯に近い状態で治療ができました。

歯を数本失ってしまった場合の症例

歯を数本失ってしまった場合の症例

こちらの患者さんは部分入れ歯を使用されていましたが、ものが噛みづらく、入れ歯を支えている歯も不安定なため、インプラントをご希望されました。

関連記事